ここでは、コピー機リースのメリット、注意点、おすすめの業者について紹介していきます。

コピー機リースのメリット TOP

コピー機リースのメリット TOP

経営者が冒す5つの間違いをチェック

コピー機のリースとは、リース会社がコピー機を購入し、企業などに一定の決められた期間貸し出すことです。
企業は毎月一定の料金を支払いながら、コピー機を使用し続けることができます。
そしてリース期間が満了となった時点で、再度契約することで引き続き使用することができます。

企業ではコピー機をはじめOA機器を多数導入していますが、企業全体の98%がリースを利用したことがあるとのことです。

コピー機をリースすることで、初期費用を抑えることができるうえに、毎月のリース料も低額で済みます。 そのため、浮いた費用を他の設備に回せます。また、機器を導入する際の減価償却、固定資産税納付、保険料をはじめとする事務処理が軽減できます。
そして、リース料金を経費処理できるというメリットもあり、税法上有利になります。

このようにコピー機をリースすることで、さまざまなメリットがあるため、大企業はもちろんのこと中小企業まで幅広くリースを活用しています。
特に、これから起業するという方は、コピー機をリースすることをおすすめします。

ここでは、コピー機の導入を検討している方を対象に、コピー機をリースすることのメリット、契約の仕方、おすすめのリース業者などを紹介していきます。


コピー機と複合機の違い

近年は、コピー機の代わりに、複合機を導入する企業が多くなっていますが、コピー機と複合機の違いはどういう点にあるのでしょうか?


コピー機は、その名の通り、コピー機単体のものを指し、書類などのコピーのみが可能となっています。
一方、複合機とは、コピー機だけの機能ではなく、プリンター、FAX、スキャナーなども搭載された機器のことをいいます。
また、最近は、モノクロコピーとカラーコピーの両方に対応しているうえに、プリンター、FAX、スキャナーの機能が一体化した便利な機器がたくさん出回っています。

企業で導入しているものは、大型のコピー機にプリンターやファックス機能が付加されたものが主流となっています。
それぞれの機器を1つずつ導入する場合に比べて、場所を取らない、光熱費を削減できる、機器の導入費用も抑えられるなどのメリットがあるため、コピー機よりも複合機を導入する企業が増えています。

しかし、複合機の場合、故障するとすべての機能が使えなくなるというデメリットがあります。また、オフィスでコピーやプリントをすることが多い場合、社員のだれかが複合機を使用していると、他の方はコピーもプリントもできなくなります。
そのため、大量の文書をコピーすることが多い企業では、コピー機を導入する傾向にあります。


コピー機のリース契約までの流れ

ここでは、コピー機のリース契約を締結するまでの流れについて紹介します。


まずは、オフィスでのコピー機の使用頻度、それを使用する人数などを把握したうえで、複数の業者に見積もりを依頼します。
そして、提示された見積もりから、料金がサービス内容に見合っているかどうか検討します。
もし、リース契約を希望するのであれば、業者に要望などについて連絡をします。
業者ではオフィスに最適な機種を提案してくれるので、もし、納得できたのであれば仮契約を行います。

リース会社では与信審査を行っており、これに通過しなければ契約を結ぶことはできません。そのために、審査用の書類を作成し提出しなければならないこともあります。

審査に通過したら、希望の機種を確認したうえで、納期を決め、正式に契約を締結します。
契約書は熟読し、あいまいな部分は担当者に確認したうえで、契約書を交わすようにしてください。

その後、業者からは、コピー機の設置料金の振込先や納入日の連絡がありますので、指定期日までに代金を振り込むようにします。

そして、指定した納入日にコピー機が納入され、月々のリース料金が発生します。
この時に、機器の使用方法などを説明してもらえます。

こちらのサイトにお得なコピー機のリース情報がありあます。
http://www.copy-ki.net/